スポンサード・リンク

翻訳者に必要な英語力は?TOEICのスコアは何点以上?

在宅翻訳者としてフリーで仕事をするために、どの程度の英語力が必要なのでしょうか?

翻訳会社によってはTOEICのスコアが900点以上などという条件を設けていますが、実際に翻訳者として仕事をするには、本当にTOEIC900点以上必要なのでしょうか?

今回は翻訳者に必要な英語力について、個人的な意見をまとめてみました。

翻訳者に最低限必要な英語力

英語力-イメージ

翻訳者に求められる英語力は翻訳の分野によって異なると思います。

ただし、どんな分野でも最低限必要な英語力は、基本的な英語の文法、冠詞や前置詞の概念を一通り理解していて、苦なく英文が読めるレベルではないでしょうか。

翻訳者は、通訳者ほどの英語力は必要なく、知らない単語に出会った時はいくらでも辞書を使うことができます。

ただ、実際に翻訳の仕事をする場合は納期が厳しいことも多く、ある程度のスピードが要求されるので、英語力は高いに越したことはありません。

高い英語力が必要な分野・英語力以外の知識が必要な分野

文芸、出版翻訳は、かなり高いレベルの英語力が必要な分野です。

最低でも、英語、日本語ともに小説などの文芸作品を多く読んだことがあり、内容が完璧に理解できることが必要です。

さらに言葉の選び方、表現の仕方など、文学的なセンスも要求されます。

それだけやりがいもある分野だと思います。

実務翻訳は、文芸翻訳ほど高い英語力は要求されません。

実務翻訳で要求されるのは、英語力の他にビジネス全般の幅広い一般常識、正確性、簡潔な文章を書く力です。

普段から日英の両方でニュース記事などを読んで、表現を身につけておくとよいでしょう。

実務翻訳はTOEICで出題されるビジネス系の文書の翻訳も多いので、TOEICに取り組むことも効果的だと思います。

英語力が一番要求されない分野は、医療、特許ではないでしょうか?

医療翻訳については、難解な表現が出てくることは少なく、英文法は中学生レベルでOKと言われています。

ただし、医療に関する基礎知識や製薬業界で一般的に使われる用語、表現などの習得は必須です。

特許についても、特許に関する知識や特許独特の表現、文章の特徴を理解していることが必要です。

一番大切なことは、自分が翻訳する分野の文献について、日本語で完璧に理解できること、そして、日本語・英語ともに日常的に読み慣れていることだと思います。

翻訳者に必要なTOEICのスコアは何点?

翻訳者を募集する際、TOEICのスコアが860点以上、900点以上などという条件を設けている翻訳会社がある一方で、TOEICのスコアと翻訳のスキルは全く関係がないと言い切る翻訳業界の方もいらっしゃいます。

私も、TOEICのスコアと翻訳のスキルは全く違うものだと思います。

それでも、TOEICのスコアはやはり900点以上が理想的だとも思います。

それは、TOEICのスコアに反映される英語の文法力、ビジネス系の文書の単語力、英語の処理速度は、翻訳の実務でも必要な能力だと思うからです。

ただし、900点以上というのはあくまで理想で、900点のスコアがなくても翻訳の仕事をしている方はいると思います。

実際、私が在宅翻訳者として仕事を始めた時、TOEICのスコアは775点という中途半端なものでした。

未経験で翻訳会社に応募する場合、TOEIC900点以上が有利な場合も

翻訳者を募集際にTOEICのスコアを条件としている翻訳会社も多く、特に未経験の場合は、TOEICのスコアが高いことで、ある程度の英語力があることを証明してくれる武器になる可能性は高いです。

翻訳の仕事をしたいけど、英語力に自信がない、文法があやふやな部分があるという方は、TOEICの勉強から始めるのもおすすめです。

TOEICの勉強から始めて、医療翻訳者になったという方もいらっしゃいます。

医療の分野でも、特に最初の頃は、高度に専門的な文献よりも、製薬会社の社内で使用するプレゼン資料、会議資料などが回ってくることも多く、医療的な内容とビジネス的な内容が半々くらいということもあります。

ビジネス的な文章はTOEICのテスト対策でもかなり身につくので、翻訳会社の応募時に未経験を補う武器となるだけではなく、将来、翻訳の仕事を始めた時に必ず役立つと思います。

TOEICテストの形式は、2016年5月実施の公開テストから変更され、より実際的なコミュニケーションスタイルを反映させた形式の問題が増えたようです。

試験対策をする際は最新のテスト形式を意識して勉強することをおすすめします。

参考URL: 2016年5月からのTOEICの改定内容(アルク公式サイト)

TOEICのスコアを短期間で確実に上げたいという方には、90日間でTOEICのスコアが200点~300点アップする方が続出していることで注目を浴びている「イングリッシュカンパニー」がおすすめです。

「イングリッシュカンパニー」は英語の「パーソナルトレーナー」を付けて、第二言語習得研究に基づいた集中的なトレーニングを行うことで90日間で大幅な英語力アップを実現するという新しい形態のサービスです。

「イングリッシュカンパニー」について詳しく知りたい方はこちらの記事が参考になるかと思います。

参考記事:【イングリッシュカンパニーの体験談】恵比寿で体験レッスンを受けたリアルな感想

英語力以外に翻訳者に必要なスキルとは?

TOEICのスコアと翻訳のスキルは全く違うものと思う理由は、翻訳で一番必要なスキルは原文を理解する力と、理解した内容をできるだけ簡潔にわかりやすく表現する力だと思うからです。

この翻訳で一番必要なスキルは、TOEICのスコアには反映されません。

このスキルを磨くには、自分が翻訳の仕事をしたい分野で、日本語と英語の両方で質の高い文章をたくさん読むことだと思います。

医療翻訳を仕事にしたいのであれば、医療系の論文を日本語と英語で、できるだけたくさん読むことが、品質の良い翻訳をするためには不可欠だと思います。

また、どんなにたくさん文章を読んでいても、実際に自分が読む慣れている分野の案件ばかり受注することは難しいです。

自分が慣れていない分野でも対応できるのがプロの翻訳者です。

そのために必要なのは、「調査力」です。

自分が読みなれていない未知の分野の案件を受注した時に、いかに迅速にその分野の情報を検索して、実際に使われている用語や表現を調べる能力は、インターネット上でたくさんの情報が得られる現代の翻訳者に一番求められる能力と言えるのではないでしょうか。

英語力以外に翻訳者として必要なスキルについてはこちらの記事にまとめています。

参考記事: 【医療翻訳者に必要な能力】英語力以上に必要とされる能力は?

翻訳者に必要な英語力・TOEICのスコアまとめ

翻訳者に必要な英語力についての個人的な意見をご紹介しました。

  • TOEICのスコアは、翻訳のスキルは全く別のものではありますが、TOEIC900点レベルの英語の文法に関する正確な知識、単語力、英文の処理速度があることが理想的
  • また未経験で翻訳会社に応募する際には、TOEICのスコアが高い方が有利である可能性が高い
  • 翻訳者として求められる能力は、TOEICのスコアを含む英語力だけではなく、原文を正確に理解する力、簡潔でわかりやすい文章を書く力、そして調査能力

2016年5月により実用的な英語力を測れるように改定されるTOEICは、翻訳業界の中でも、英語力を図る重要な指標であることは間違いないと思います。

翻訳の仕事をしたいけど、英語力に自信がないという方は、TOEICの勉強から始めるのもよいと思います。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

このブログは翻訳ブログランキングに参加しています。

ブログ更新の励みになりますので、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

医療翻訳の基本・独学勉強法~未経験から日英専門の在宅翻訳者へ~目次

スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ