スポンサード・リンク

未経験者におすすめ!トライアル合格率アップのための医薬翻訳関連業務

将来、在宅翻訳者として医療翻訳の仕事をしたいけど、未経験からいきなり在宅翻訳者になるのは不安なので、在宅翻訳者になるための下積みができる医療翻訳関連の仕事をしてみたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回はそんな方におすすめの、医療翻訳のトライアル合格率アップにもつながる医療翻訳関連業務(チェッカー、安全性関連業務)について、ご紹介します。

医療翻訳の在宅翻訳者としての基盤作りにおすすめ!医療翻訳チェッカー(校正)業務

将来、在宅翻訳者として医療翻訳の仕事をしたい人けれど、まだ独立する自信がないという方には、医療翻訳部門のチェッカー(校正)の仕事がおすすめです。

チェッカーの主な業務内容は、翻訳者さんから納品された訳文を見直して、誤字脱字や訳抜けがないか、クライアントから指定された用語集やスタイルガイドを順守しているかをチェックすることです。

クライアントへの納品物の品質を守るためには欠かせない仕事です。

チェッカーを経験することによって、最終納品物として求められる品質について理解することもできますし、プロの翻訳者さんが訳した訳文を日々、読むことで勉強にもなります。

翻訳業界の中では、翻訳者になる前にチェッカーは経験すべきと考える方も多く、実際に2年~3年のチェッカー業務を経て、フリーランスの在宅翻訳者になるというケースも多いようです。

翻訳会社のトライアルを受ける際にも、チェッカーの経験はかなり高く評価されると聞いたことがあります。

 

クライアントと翻訳者さんとの橋渡し、コーディネーター業務

クライアントと翻訳者の橋渡しをして、翻訳業務全体をコントロールするのが、翻訳会社で働くコーディネーターと呼ばれる職種です。

コーディネーターの主な業務内容は、クライアントからの要望を聞いたり、在宅翻訳者を選定したりすることと、全体的なスケジュール管理です。

コーディネーターを経験すると、クライアントからの要望やクレームの内容から、求められる納品物について理解が深まるのではないかと思います。

将来、在宅翻訳者として働くために役立つ経験を積むことができる職種です。

 

医療翻訳のチェッカーやコーディネーター業務の募集、求人を探す方法

未経験可の在宅翻訳者の募集・求人情報、トライアルを探す方法という記事の中でも紹介しました翻訳者ネットワーク「アメリア(Amelia)」には、翻訳者だけではなく、翻訳会社のチェッカーやコーディネーターの募集も多くあります。

「アメリア(Amelia)」の求人情報には、他の媒体では公開されていない優良な求人も多く、未経験可の翻訳の求人もたくさんあります。

非公開求人情報満載の翻訳者ネットワーク「アメリア(Amelia)」

チェッカーやコーディネーターはオンサイトの募集が多いのですが、たまに在宅でも可という募集も見かけます。

チェッカーやコーディネーターの経験は、将来、在宅翻訳者として活躍する中で必ずプラスになると思いますし、翻訳会社のトライアルを受ける時にも職務経験として高く評価されるので、興味をお持ちの方はぜひチェックしてみてください。

 

医療翻訳者になるための下積みとしておすすめの安全性関連業務

将来、医薬翻訳者になりたい方は、製薬業界での職務経験を積むこともおすすめです。

文系、未経験でも入りやすいのは、製薬会社や医薬品開発受託企業(CRO)の安全性情報に関するデータ入力業務などです。

大手派遣会社、テンプスタッフにはメディカル事業本部があり、製薬業界での人材募集も多く取り扱っています。

またテンプスタッフに登録すると、医薬品業界の安全性部門に特化した通信翻訳講座が無料で受講できたり、提携の翻訳スクールの医療翻訳講座を特別価格で受講できる制度もあります。

製薬会社やCROでの安全性関連業務の経験を積んで、医療翻訳者になる方も多いようです。

製薬業界での職務経験は、医薬系翻訳のトライアルを受ける時にも職務経験として高く評価されるので、興味をお持ちの方はぜひチェックしてみてください。

業界トップクラスの求人数【派遣会社・テンプスタッフ】

 

未経験者におすすめのトライアル合格率アップにつながる医薬翻訳関連業務まとめ

医療翻訳のトライアル合格率アップにもつながる医療翻訳関連業務(チェッカー、安全性関連業務)について、ご紹介しました。

私自身は「アメリア(Amelia)」の定例トライアルの過去問分析のおかげで、わりと早くにトライアルに合格して、在宅翻訳者として仕事を始めたのですが、トライアルに合格しなかったら、チェッカーや安全性関連業務など、医療翻訳者になった時に役立つ仕事を経験してみたいなと考えていました。

将来、在宅翻訳者として医療翻訳の仕事をしたいけど、いきなり在宅翻訳者として活動する自信がないという方や、医療翻訳の勉強をしたけど、なかなかトライアルに受からないという方は、チェッカー、コーディネーター、安全性関連業務など、将来、医療翻訳者に向けての基盤作りに役立つ業務に目を向けてみるのもおすすめです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

このブログは翻訳ブログランキングに参加しています。

ブログ更新の励みになりますので、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

医療翻訳の基本・独学勉強法~未経験から日英専門の在宅翻訳者へ~目次

スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ